ACTUAL SIZE

Produced by SATO

プラグインを、見に行ってきました。(旧谷汲駅 モ510)

先日、国電氏と共同制作した名古屋鉄道のモ510は、皆様はもうダウンロードしていただけましたでしょうか?
まだの方はぜひ「こくでんログ」よりどうぞ↓↓

[名古屋鉄道]モ510 揖斐・谷汲線 公開




さて、宣伝はこのくらいにして、せっかく作ったモ510ですが
実を言うとあまりよく知らなかった上に、私は実車を一度も見たことがなかったので、国電氏と「せっかく作ったし見に行くか」という話になり、さっそく車を走らせて旧谷汲駅へ会いに行ってきました。


▼前照灯を点灯させたモ750とモ510
001
車を走らせること数時間… 車両が見えてきました。
前照灯を点灯させ、今にも走り出しそうな現役と見間違うほどの光景です。


正直なところ天気はあまり良くありませんでした。カメラを気遣いながら写真を撮っていきます。
モ510を舐めまわすように見て回り、制作したプラグインに不備などが無いか、ちゃんと再現できているか、確認していきます。
大きな間違いはなく、おおむね実物どおりに作成できていることが分かり、ホッと胸をなでおろしました。


▼複雑な形状の可動式ステップ
002
床下担当国電氏のこだわりポイントの一つでもあった可動式ステップ。RailSim上でも実物同様に可動するのがポイントです。
何をどうしてこんな複雑な形状になったのか…近い時期に作られたはずのモ600のステップはもう少し単純な形状をしています。



▼前面のごちゃごちゃとしたジャンパ類
006
車体担当の私がちょっとだけこだわったのは前面のジャンパ類。
“顔”となる前面に来る重要なパーツだけに気を遣いました。
それなりに実車の雰囲気を再現できたのではないかと思います。

車体そのものは曲線が取り入れられた大正ロマンともいえる優美なデザインをしていますが、結局のところ基本図形の塊であり、三次曲面が多用されているわけではないため、案外すんなりモデリングすることができました。



この日はちょうど係りの方からお話を伺うことができました、
架線も架線柱も撤去され自走こそ出来ないものの、なんとここにいる車両はエアー系統や可動部は殺されておらず、今でも可動状態にあるとのこと。

▼実際にドア開閉やステップの格納をしている様子(管理団体:庭箱鉄道様の公式Facebookより)

私が訪れた時は、あいにくこの様子を見ることはできませんでしたが、
こんな状態で保存されている静態保存車は見たことがありません。半動態保存とでも言えるかもしれません。
そのほかさまざまな取り組みをされているとのことで、今後の発展が楽しみです。


▼多数用意された看板類。ときどき入れ替えて展示しているとのこと。
005
たくさんのお客様に来ていただけるようにと、あらゆることに取り組んでいらっしゃるんだなと感じました。
また機会があれば訪れたい場所となりました。


旧名鉄谷汲線 谷汲駅
岐阜県揖斐郡谷汲村徳積
TEL:0585-56-3833
(AM10:00~PM16:00)
見学無料、月曜定休

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【PI公開】 EF58形電気機関車

さて皆さんこんばんは、大変長らくお待たせいたしました。
ついにリニューアル版EF58完成&公開です。
00000003
▲4色のボディカラーを選択できます。

半流線形の車体を載せたタイプをモデルとしています。
長きにわたって使用され、さまざまな形態差が生まれたEF58。出来る限りこのバリエーションを再現すべく、実在機番はもちろん、さまざまなオプションスイッチを搭載しました。

▼運転台部分の内装も再現しています。
0036


また、各オプションスイッチは個別に設定することが可能です。実在した仕様を再現することはもちろん、「あのカマがこの機関区に転属していたら・・・」などフリーランスな設定で遊ぶことも可能です。
00000002
▲高崎第二の130号機に制作中の10系客車を引いてもらいました。

以前公開したEF66に引き続くリニューアル・・・のつもりですが、仕様が大きく変わってしまいました。そのうち以前公開したEF66を、EF58の仕様に近づけるリニューアルを行いたいと思います。
ぜひ下記よりダウンロードの上、遊んでやっていただけると幸いです。それでは本日はこれにて。

ダウンロードはこちらから↓↓
download

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【PI公開】 名古屋鉄道 モ510

最近はだいぶ暑くなってきましたね。

外では蝉が鳴き始め、いよいよ夏らしくなってまいりました。

 

さて、ここ最近合宿形式でプラグインを作るというのが個人的にちょっとしたブームです。第一弾は・・・?なんですが、第二弾として「モ510を一日で作れるか」というコンセプトの元国電先生と朝からみっちりモデリングを行い、何とかギリギリ日付が変わるまでに形にすることができました。

 

170722-2

モデリングは上回りを私が担当し、足回りを国電先生が担当してくれました。構文・最終調整はすべてを国電先生にお任せしております。

プラグインは国電先生のサイトからダウンロードすることができます。ぜひ、下記よりダウンロードの上、遊んでみてください。

「こくでんログ」はこちらから↓↓
download

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【PI公開】 TMC100風大型軌道モーターカー

ご無沙汰しております。SATOです。

突然ですが、最近少しばかりやる気が湧いてきました。

 

001

そしてTMC100風モーターカーが完成しました。皆様のレイアウトのアクセントにぜひご活用ください。

 

※ご使用の前に、必ず同封のReadMeをお読みいただき、正しくお使いください。

17/07/03 車輪が回らないバグを修正しました。

ダウンロードはこちらから↓↓
download

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

レクサス IS300hの不具合修正について

毎度お騒がせしております。

先日公開したRailSimプラグイン「レクサス IS300h」に不具合があるとの報告をいただきました。

・ナンバープレート選択肢の重複。
・テクスチャーがあるのに未実装のナンバープレート。
上記2点の修正を行いました。

ついでに少し気になっていたデイライトのテクスチャー変更と、
ヘッドライト横(グリル寄り)のエッジを際立たせる作業を行いました。
012

少し表情が引き締まって見えます。

半分寝ながら作業するといろいろミスが目立ちます。気をつけます…

 

修正版ダウンロードはこちらから↓↓
download

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【プラグイン公開】 レクサス IS300h

突然ですがお久しぶりです。

本日新たなプラグインを公開いたしました。

010

レクサスのIS300h(DAA-AVE30)です。

RailSim界に突如降臨した高級自動車を再現いたしました。

ワイパーが無いようにも見えるかと思いますが、そんなことはありません。

心がきれいな人には見えるんですよ。

 

ちなみに私には見えません。

009

ナンバープレート・ボディカラー共に複数ご用意しております。

あなたのレイアウトのアクセントにいかがでしょうか?

 

※ご使用の前に、必ず同封のReadMeをお読みいただき、正しくお使いください。

ダウンロードはこちらから↓↓
download

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【廃バスメモリアル】日野RE101P(小豆島バス)

こんばんは、本日は廃バスネタです。

以前RSPIとして公開した日野のモノコックバスRE101。今回はその実車です。
といっても、今回は都営じゃなく小豆島バスになります。

銘板を見る限り、RE101Pとありますので、エアサス車です。

 

▼少し埋もれていますが、小豆島バスのRE101Pです。
0001

ネットで下調べをしていたバスですが、3台あるという記事や、1台減って2台になったという記事もあり、正直もう無いかもしれないと思いましたがなんとか残っていてくれました。

しかし場所が移動しているようです。さらに1台しか見当たりません。他の2台は順番に解体されてしまったのでしょうか?となるとこの1台もいずれ・・・?

空き地のような場所にあったはずですが、どう見ても企業の敷地内に居ます。

私有地ですので、許可をいただき撮影することが出来ました。

お仕事中、お忙しいところありがとうございました。

 

▼ブルーリボンのご先祖様!?

0005

RE101とは、現在のブルーリボンHT/HU系の直系の先祖にあたるRB/RC系が、モデルチェンジによってRE/RC系となり、さらに出力アップのモデルチェンジが図られた後のもの。

101だと、ホイールベースは4.8mになります。他に、5.2mのRE121/RC301や、5.67mのRE141/RC321がラインナップされていました。

 

▼このバスは中扉のみのツーマン仕様なので、この場所にドアはありません

0020

箱型バスのツーマン仕様の実車に触れるのは、このバスが初めてです。

それにしても、非常に状態が良いです。

埃は積もっているものの、椅子も生地・クッションともにしっかりしていて、ちょっと感動ものです。

 

▼廃車体とは思えないほど綺麗な車内

0003

パッと見だと現役と錯覚してしまいそうなほど、車内の状態は良好です。

板張りの床も、腐食などは見受けられません。

ガラスはほとんどが割れずに残っていますが、残念ながら後部の窓ガラスは割れてしまっていました。おそらくそこから埃が入ってきているのでしょう。

ついでにアシナガバチが後部に巣を作っているらしく、車内を飛び回っているので前方以外で落ち着けませんでした。

 

▼変わった形のものが中ドア付近に取り付けられています

0015

これは運賃箱の土台でしょうか?見慣れない形のものが中扉付近に設置されています。

ツーマン仕様の路線バス、乗ってみたかったですね~。

やたらと綺麗なこのRE101P、車内には路線図等も残されており、それには平成4年10月1日現在と書かれていました。

ということは少なくとも平成4年頃までは現役だったということなのかもしれません。

 

こんな綺麗なRE101が、もし保存されないで解体されていくとしたら残念です。

今見ればそんなに古くもないバスかも知れませんが、いずれボンネットバスのように貴重な存在になってゆくはずです。

でもやはりビジネスとしては成り立ちにくいのか、ボンネットバスと違い”普通の”モノコックバスはやはり解体されていく運命になりがちです。

身勝手な感想ですが、なんとか保存される流れになってくれたらいいな、なんて少しだけ思ってしまいました。

それでは、本日はこれにて。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

国鉄D51形蒸気機関車842号機

さて、こんばんは。SATOです。本日は鉄ネタを。

以前岡山へ行った際に立ち寄った、倉敷市の「水島中央公園」に展示されているD51形蒸気機関車842号機です。

▼煙室ハンドルが失われており、少し締りのない表情

005

昭和18年に岡山機関区に新製配置された機関車で、その後富山機関区→熊本機関区を経て、最終配置は北海道の追分機関区となりました。

追分機関区での廃車は昭和50年12月3日。蒸気最終期まで現役で走り続けていたそうです。

 

▼特徴的なギースルエジェクター

001

現在のこの機関車の最大の特徴とも言えるのが、このギースルエジェクターです。

そもそもギースルエジェクターとは、今で言うところの省エネアイテム。

ただ平べったいわけではなく、内部に特殊なブラスト管を持ち、その構造により従来の煙突より燃焼効率を高めることが可能になります。

燃焼効率が高まることで蒸気温度も上昇し、より少ない石炭で走行でき、さらには牽引力を上げ、火の粉減少させる効果があったといいます。

 

▼定期的に手入れをされているようでそれなりに良好な状態です

002

結構べったり塗られたペンキがちょっと残念な気もしなくもないですが、何もされていないよりは100倍マシ。

大切に保存していただいて、我々としてはありがたい限りです。

 

▼ガラスなど、全体的に良好な保存状態です

004

立派な屋根の下、さらには四方をフェンスに囲まれ、写真は撮りにくいのですが

おかげで盗難やいたずらの被害は最小限にとどめられているのではないかと思います。

 

▼よく見るとかまぼこ型のドームです

003

アップでの写真を撮り損ねましたが、この機関車のもうひとつの特徴がかまぼこ型ドームです。

 

蒸気機関車の定番的イメージがあるD51ですが、私は結構好きです。

RailSimのSLプラグインも、そろそろ何かリメイクしたいところです…

 

「水島中央公園」

場所:倉敷市水島青葉町95-1

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【プラグイン公開】 いすゞ BXD30

こんばんは、少し遅くなりましたが、なんとか日が変わる前に完成することが出来ました。

 

0018
全国で活躍し、今でも動態保存で数多く残っている、いすゞの「BXD30」です。
なかでも、後期に製造された4灯ヘッドライトとそれに合わせた新グリルを採用したタイプをモデルとしています。

 

事業者は、以下の中から選択できます。
● 奈良交通(帝国自工)
● 呉市交通局(川崎車体)
● 京阪バス(川崎車体)
● 三重交通(川崎車体)
● 丹後海陸交通(北村製作所)
● フリーランス1暖色系(北村製作所)
● フリーランス2寒色系(帝国自工)

 

00173
上記のとおり、車体メーカーごとの差異もある程度作りこんでいます。
たくさん並べてお楽しみいただけるかと思います。

なお、資料不足とやる気・根気の不足により、完全再現というわけではありませんので、あしからずご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

※ご使用の前に、必ず同封のReadMeをお読みいただき、正しくお使いください。

ダウンロードはこちらから↓↓
download

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

プラグイン制作状況(いすゞBXD30)

こんばんは、本日は現在制作中のプラグインに関してです。

0014
現在いすゞのBXD30というボンネットバスを制作中です。
個人的に一番好きなボンネットバスでもあります。

ボディメーカーごとに、川崎・帝国・北村と作り分けております。
もうしばらくで公開できると思いますので、今しばらくお待ちくださいませ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
« Older posts

© 2017 ACTUAL SIZE

Theme by Anders NorenUp ↑