ACTUAL SIZE

Produced by SATO

Tag: 蒸気機関車

【プラグイン公開】C57形蒸気機関車135号機

皆様大変お待たせいたしました。ようやく135号機が完成いたしました。
昨日公開するつもりだったんですが間に合いませんでした・・・おかげでほぼ家で三連休を過ごしてしまいました・・・
008

さて、プラグインですが、C57形蒸気機関車135号機の経歴の中でも岩見沢第一機関区にいた頃の姿を基本としています。何もスイッチをいじらなくても、置いた時点で楽しむことができる仕様となっています。

いわみさわ岩見沢第一時代といえば最終SL客車列車の225レがあまりにも有名ですね。
最終列車牽引時のさよならヘッドマークもご用意していますので、ぜひお楽しみください。
p02
▲さよならヘッドマークと、鉄博搬入時のヘッドマークを選択可能です

p05

また、岩見沢第一に配置される以前の仕様や博物館保存後の姿に近づけることも可能です。

▼皿型の火の粉止めや、切り詰めされていないデフレクター、重油タンクの有無を選択できます
p03

以上、新SLシリーズ第二弾となりました。次は第三弾も企画しています。楽しみにお待ちいただければ幸いです。

※ご使用の前に、必ず同封のReadMeをお読みいただき、正しくお使いください。

ダウンロードはこちらから↓↓
download

国鉄D51形蒸気機関車842号機

さて、こんばんは。SATOです。本日は鉄ネタを。

以前岡山へ行った際に立ち寄った、倉敷市の「水島中央公園」に展示されているD51形蒸気機関車842号機です。

▼煙室ハンドルが失われており、少し締りのない表情

005

昭和18年に岡山機関区に新製配置された機関車で、その後富山機関区→熊本機関区を経て、最終配置は北海道の追分機関区となりました。

追分機関区での廃車は昭和50年12月3日。蒸気最終期まで現役で走り続けていたそうです。

 

▼特徴的なギースルエジェクター

001

現在のこの機関車の最大の特徴とも言えるのが、このギースルエジェクターです。

そもそもギースルエジェクターとは、今で言うところの省エネアイテム。

ただ平べったいわけではなく、内部に特殊なブラスト管を持ち、その構造により従来の煙突より燃焼効率を高めることが可能になります。

燃焼効率が高まることで蒸気温度も上昇し、より少ない石炭で走行でき、さらには牽引力を上げ、火の粉減少させる効果があったといいます。

 

▼定期的に手入れをされているようでそれなりに良好な状態です

002

結構べったり塗られたペンキがちょっと残念な気もしなくもないですが、何もされていないよりは100倍マシ。

大切に保存していただいて、我々としてはありがたい限りです。

 

▼ガラスなど、全体的に良好な保存状態です

004

立派な屋根の下、さらには四方をフェンスに囲まれ、写真は撮りにくいのですが

おかげで盗難やいたずらの被害は最小限にとどめられているのではないかと思います。

 

▼よく見るとかまぼこ型のドームです

003

アップでの写真を撮り損ねましたが、この機関車のもうひとつの特徴がかまぼこ型ドームです。

 

蒸気機関車の定番的イメージがあるD51ですが、私は結構好きです。

RailSimのSLプラグインも、そろそろ何かリメイクしたいところです…

 

「水島中央公園」

場所:倉敷市水島青葉町95-1

© 2018 ACTUAL SIZE

Theme by Anders NorenUp ↑