ACTUAL SIZE

Produced by SATO

Date: 2016年9月13日

【プラグイン公開】 クモハ12

pi0013
大変長らくお待たせいたしました。やっとクモハ12が完成しました。
下のダウンロードボタン、もしくはプラグイン公開ページからダウンロードをお願いします。

鶴見線で最後まで活躍したクモハ12052とクモハ12053のセットです。
スイッチにて車両の切り替えが行えます。

▼クモハ12052 リベットの数が多くなっています。
pi002

▼クモハ12053 リベットが少なく、前面の手すり形状など、細部が異なります。
pi001

※ご使用の前に、必ず同封のReadMeをお読みいただき、正しくお使いください。

ダウンロードはこちらから↓↓
download

GLION MUSEUMに行ってみました。

今回は鉄道ではなく、自動車の話になります。

大阪築港に最近オープンした「GLION MUSEUM」というところへ行ってみました。名前の読みはグリオンではなくジーライオンになりますので少しだけ注意が必要です。
image

有名な赤レンガ倉庫をリノベーションして生まれたこの博物館、旧車・クラシックカーがズラリ並ぶなかなかの空間。
実はこの博物館は博物館でありながら中古車展示場でもあります。
そう、つまり展示されている車は全て購入可能という、今までに無いタイプの博物館です。
image

実を言うと私も博物館が目当てではなく、旧車の中古車を見たくて訪ねたんですが、予想以上にミュージアムスペースが濃かったので記事にすることにしました。

照明の落とされたシックな空間に所狭しと並べられたクラシックカーたち。
imageimage

ここの入館料、正直言うと結構します。ちょっとお高いです。
でもそれだけに客層は絞られており、落ち着いて見学することが出来ます。面白いところなので是非とも長生きしていただきたいし、致し方無い事なのかなとも思います。

 

image
同じ空間に、カフェやレストランなどもあります。これまた結構なお値段なんですが、すごく上品な空間で、お料理も美味しそうです。

image

かなりの台数の車が展示されていますので、見応えは十分です。旧車・クラシックカーに興味がある方は是非一度訪れてみてください。

image

GLION MUSEUM
大阪市港区海岸通 2-6-39
(大阪・赤レンガ倉庫内)
TEL:06-6573-3006
AM10:00~PM22:00(最終入館 21:30)
月曜休館

© 2017 ACTUAL SIZE

Theme by Anders NorenUp ↑